キレイになれるだけではない健康的にもなれる薬剤を用いる

サイトメニュー

切ったり縫わないから安心

女性

副次的作用の基本知識と最新治療の施術内容

これまでは外科治療でしか改善できなかった症状でも、今ではボトックスを打つだけで手軽に整形できるケースが増えています。ボトックス注射は肌を切ったり縫ったりする施術ではないため、切開や縫合に伴う副作用が一切なく、稀に内出血が起きる程度です。治療では針を刺す都合上、その痛みも副作用になりますが、細く特別な針を使うので、皮膚の表面で感じる痛みは小さくなっています。また、クリニックによっては別料金でより細い注射針へ交換できることもあり、豆知識になっていますから、覚えておくと役立つかもしれません。そして、ボトックス注射では、治療メニューごとで異なる副作用も見られます。例えばエラを細める小顔治療では、咀嚼筋の脱力感を覚えるケースも珍しくありません。主に硬い物が食べづらくなったり、物を食べる時に違和感を覚えるパターンが一般的です。ただしこの副作用はしばらくすると慣れるうえ、ボトックスの効力が終われば副作用自体も消えるため、永久に続く訳ではありません。とはいえ、この小顔治療は硬い食べ物を控えることで小顔効果が長持ちするのも豆知識ですから、術後はできる限り硬い物を避けておくのがポイントです。

次々と新しい治療法が考案されているボトックス注射ですが、今日ではビスタシェイプと呼ばれる施術も数々の美容整形クリニックで提供されています。これは加齢で顔にできたシワや、皮膚の締まりが失われたことで悩んでいる際に適した治療です。顔を全体的にリフトアップできるこの施術は、ボトックスとヒアルロン酸を併用したコンビネーション治療という内容になっています。どちらも注射なので顔を切らずに済み、多く場合ほうれい線と目の下の頬骨、およびアゴにはヒアルロン酸を注入し、眉間にはボトックスを打つのが一般的です。注入直後でも腫れなどの副作用はほぼなく、治療前に麻酔クリームを塗ってもらえば施術中の痛みも抑えられます。そして、顔全体ではなく、目元の若々しさが失われたことにお悩みの場合はビスタアイが効果的で、これもボトックスとヒアルロン酸の組み合わせ施術です。主にヒアルロン酸は、目の下の頬骨と眉毛の尾部、ならびにコメカミへ打ち、眉間や目尻などにはボトックスを注射して、目元を重点的に若々しく改善します。実際の注入部位はぞれぞれの希望や状態に合わせて決定されますが、熟練医に治療してもらえば副作用をほぼ考慮せずに済む施術です。

Copyright© 2019 キレイになれるだけではない健康的にもなれる薬剤を用いる All Rights Reserved.